初めてのDIY!お部屋の壁紙選び方のコツとは?

自宅リフォームで気分一新!DIYビギナーの挑戦

壁紙クロスを張り替えたい時はどうするの?

DIY(ディー・アイ・ワイ)は、Do it yourselfの略語で「自分でやる」という意味を持ちます。
日本を始め、世界的にも、このDIYが流行り、注目を集めていますが、素人である人たちは、このDIYでどのようなモノを作っているのでしょうか?
テーブル、イス、棚、ベッドなどのインテリア家具や小さいアイデアグッズなどまで、大きさも種類も用途も様々なのが特徴ですが、家の間取りや家族構成、趣味などによってもDIYで作るものが異なるようです。
大きなものになると、木材や器材を購入して…と製作も大がかりになることが多いため、ある程度のスペースと時間も必要になりますが、自宅にあるものを使ったり、百円均一で購入したものをうまくアレンジしたりして、見た目や利便性を考えながら、少しずつ日常生活に取り入れている人もいます。
また、欧米では、模様替えの感覚で壁紙を変えることも多いようですが、日本ではまだそこまではないにせよ、自分で壁紙購入ができるようになり、気軽に壁紙DIYをする人も増えてきているようです。
インテリアにしても壁紙にしても、今までは業者にお願いすることが多かったものが、DIYへと移行しつつあるのは、自分だけのオリジナルなものを手軽に作りたいという思考や、こうしたらもっと便利になる!といった既製品にはない、個々のアイデアから生まれたものが多く、同じような考えや問題を抱えた人が、他人のを参考にしたり、今では、DIYの本まで多数出版されたり、ブログにアップしている人もたくさんいます。
作りたいものや作れるものの範囲もそれぞれですが、初めての方でも、インターネットの動画や実例なども参考にすると、挑戦するハードルもそこまで高くはないようです。

今、流行のDIYに注目!どこまで自分でできるのか

壁紙クロスに傷やシミができてしまった時、あなたはどうしていますか? 気になるが一部分のため諦めていたり、大々的に変えたいがお金がかかりそう…など色々な理由で張り替えを躊躇している人も少なくありません。 内装業者に依頼する方法もありますが、今は壁紙も自らDIYできる時代ですので、色々と比較してみましょう。

DIYでやってみたいけど心配な方へ

DIYビギナーにとって、壁紙の張り替えを自分でやるとなると、結構ハードルが高く感じてしまいがちです。 どうするか迷っている方は、一気にやるのではなく、例えばトイレのドアなど、小さい範囲から挑戦してみるのもよいでしょう。 また、張り替えは下地処理が面倒なので、壁紙を剥がしてみて決めてもいいかもしれません。

壁紙をきれいに保つ維持方法とは

壁紙の張り替えにも張り替えた後の維持にも注意が必要です。 壁紙をきれいに張り替えられても、きれいに維持できなければ、また手間と時間をかけて張り替えが必要になってしまいます。 また、そもそも張り替え時に注意しないと、うまく維持できないこともあるため、張り替え前にしっかりと知識を入れておきましょう。