自宅リフォームで気分一新!DIYビギナーの挑戦

今、流行のDIYに注目!どこまで自分でできるのか

「壁紙張り替え」DIYと業者の費用を比較

壁紙の変更は、部屋全体のものから部屋のアクセントを付けるものまで様々ですが、特に大規模なものになると、業者に依頼すべきか、自分でやってみるか迷います。
今回は、気になる費用にスポットを当てて見ていきましょう。
まず、工務店や内装業者に張り替えをお願いした場合、六畳間で4~8万円となります。
選ぶ壁紙の値段にもよりますが、最新の機能性を持たせた壁紙を選択したり、もっと広い部屋であればもう少し値段も上がります。
一方DIYでする場合、自ら壁紙や道具を購入し行う必要がありますが、壁紙に関しては、コストに余裕があれば輸入壁紙の選択もできますし、国産壁紙であれば低価格で購入できます。
ネットでは、安いものであれば一般的な六畳間以上に余裕のある30mでも7千円程で購入できるものもあり、初心者にも大好評のようです。
業者にお願いする場合と比較すると、道具代を除いても数万円の開きがあると言えるでしょう。

根本的な業者とDIYによる差と優先度

壁紙を張り替えると、部屋の雰囲気もがらりと変わるため、リフォーム以外にも気分転換として取り入れられる方法です。
その壁紙張り替えをプロの業者に依頼する場合と素人がDIYするのでは、当然ですが差は生まれます。
しかし、その差がどのような点にあり、どの程度かにより、依頼すべきかDIYすべきか判断するのも良いでしょう。
品質に差が出るポイントとしては、繋ぎ目の柄が合わない、下地の凹凸が目立つ、シワや浮きがある、途中で破けてしまう…などがあります。
このような問題点や失敗事例がわかっていれば、そこを対処すればよいだけになるので、DIYのハードルも高くはないでしょう。
また、自分の中で、仕上がり、時間、コスト、その他…何を優先すべきかによって、変わってきますので、比較したものを知識として頭に入れておきましょう。